水戸華之介

水戸華之介

 ◇ History ◇
1962年6月  山口県長門市にて産声を上げる。
1980年梅雨  アンジーを結成
1988年5月  シングル『天井裏から愛を込めて』、アルバム『溢れる人々』で、
 メルダックレコードより1度目のメジャーデビュー
1989年  初の全国ホールツアー。4thアルバム、オリコン初登場9位。渋谷公会堂2DAYSソールドアウト
1991年  初のアメリカ公演NEW YORK RITZにてライブ
1992年  NHK「みんなのうた」ON AIR。アンジー解散、FINALの野音は30分でソールドアウト。
 チケットは1枚20万円のプレミアがついた。
1993年  アンジー解散後、アンジーのベース岡本とベルズのメンバーと共に、水戸華之介&エレカマニア結成。
 コロムビアレコードより2度目のデビュー。
1995年  2枚のアルバムを残して水戸華之介&エレカマニア解散。
1996年  アンジーのギタリスト中谷と共にカバーアルバムを制作、ソロとして3度目のデビュー。
1997年  レピッシュ、ジュンスカイウォーカーズ、筋肉少女帯、デルジベットのメンバー等と数多くのセッション、
 試行錯誤を繰り返す。
1999年  ミレニアム記念として一時的にアンジー復活。
 シングル、アルバム、ビデオをメルダックレコードより発売。4度目の再デビュー。
2000年  水戸のファンでもあるPOTSHOTのライブにゲスト参加したのをきっかけに、元プリンセスプリンセスの
 中山加奈子や筋肉少女帯の内田雄一郎らと、水戸華之介&3-10chain結成。
 メルダックレコードより5度目のデビュー。
2001年  中山加奈子に代わり、元GO−BANGSの森若香織加入。
 3-10Chainの活動とは別に友人の杉本恭一(レピッシュ)、吉田一休(ドミンゴス)と
 ユニット「屑」を結成。アルバム『可燃物』を発表。6度目のデビュー。
2002年  NHK「おかあさんといっしょ」に楽曲提供、ONAIR。森若香織脱退。
 10月、3rdアルバム『セカイガマッテイル』をインディーズレーベルSONG BIRDより発売。
2003年  病に倒れて闘病生活
2004年  2月24日、一身上の都合により3/10ではないものの、渋谷0-WEST水戸ちゃんまつりにて復活!
2005年  アルバム『笑う面々』を発売
 DVD『不死鳥!!!!!!!』を発表
2006年  2枚組ライブアルバム『鶴亀 LIVE AT CLUB251』を発表
 DVD『円』を発表
2007年  アルバム『血潮のような赤だから』を発表
2008年  DVD『不死鳥〜EpisodeY』『不死鳥 〜 第二幕』を発表
2009年  水戸華之介&3-10Chainとしては約7年振りの新作『ロケットが飛ぶだろう』をT's RECORDSより発表
 「ロケットが飛ぶだろう」がワールドプロレスリングのエンディングテーマとしてオンエア
2010年  水戸華之介&3-10Chain結成10周年記念ベストアルバム『鎖の肖像』をT's RECORDSより発売
2012年  アルバム『ヨキコトキク』をAMZPHERE WORKSより発表。
2013年  ともに時代を乗り越えて来た仲間達をゲスト・ボーカルに迎えて、水戸華之介、アンジーより、
 デビュー25周年を記念した新作『不死鳥Rec.』を水戸華之介 & GOLDEN FELLOWS名義で
 テイチクエンタテイメントより発表。7度目のデビュー。

 今年で10回目を迎えた水戸ちゃん祭「不死鳥」が満員御礼!

 

水戸華之介、3-10chain