MENU

【画像】菊池桃子の若い頃が美人すぎる!ラムー時代が可愛すぎてヤバい!

現在はコメンテーターやナレーションなど、タレントとしてのイメージが強い菊池桃子さんですが、実はアイドル歌手として活動していた時期があるのです。

そこで今回は、菊池桃子さんのアイドル時代の画像を紹介します。

目次

菊池桃子wikiプロフィール

菊池桃子プロフィール

名前:菊池桃子
生年月日:1964年5月4日
年齢:54歳(2022年8月現在)
出身地:東京都品川区
血液型:B型
身長:160㎝
体重:61㎏
最終学歴:法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻修士課程修了

菊池桃子のwiki経歴

菊池桃子さんが若い頃から可愛かったという逸話はデビューのきっかけとなったエピソードからもわかります。

菊池桃子さんの叔母さんは東京の青山で飲食店を経営していたそうです。

レジには、家族や心臓の写真を飾っており、来店していた音楽関係者がその名の一枚、菊池がほほ笑んでいる写真に目を留め、その場で菊池桃子さんの名前や年齢・事務所に所属していないかなど身上を聞いたといいます。

そして、後日正式に叔母さん経由でスカウトされたそうです。

スカウトといえば、路上で声を掛けられるパターンが多いですが、写真をみてスカウトされるということはその写真も相当輝いていたんでしょうね。

菊池桃子さんクラスであれば、遅かれ早かれではありますが、人生はいつどんな時にチャンスがくるかはわからないもんですね。

1983年15歳で芸能界デビューされています。当時はおとなしい性格から考古学者になることが夢だったようです。

菊池桃子の若い頃を時系列でまとめ!

1983年 アイドル誌「Momoco」15歳頃

1984 1stシングル「青春のいじわる」16歳頃

いかにもアイドルって感じで制服姿が似合ってますね!

清純派アイドルとして、1985年に開催された日本武道館でのコンサートにて当時の最年少公演を記録し、アノ「ビートルズ」の観客動員数を抜き、入場できなかった観客も1万人超とされ伝説となるほどの人気がありました。

そして、現在も美貌は衰えることなくアラフィフになった2015年には、「ベストビューティーストアワード」を松下奈緒さんや木村綾乃さんと共に受賞しました。

1985 4thシングル「卒業GRADUATION」17歳頃

菊池桃子自身、シングルでは初めてのスロー・バラード曲をリリース。
また自身主演で同名のドラマも制作されました。

同曲でオリコンチャート初の首位を獲得。また40万枚近いセールスを記録し、菊池自身最大のヒット曲となった。

グリコ ポッキーのCMにも出演していますね!

1986 8thシングル「夏色片思い」18歳頃

この頃から大人の女性って感じですね!
2005年には、堀ちえみがアルバム『80’s IDOL SONGS COLLECTION』にて「夏色片想い」をカバーしています。

1987 10thシングル「アイドルを探せ」19歳頃

可愛いから徐々に「美しい」雰囲気になってきましたね!

オリコンチャートでは、おニャン子クラブ所属の岩井由紀子(ゆうゆ with おニャン子クラブ名義)のソロデビュー曲「天使のボディーガード」が本楽曲と同日に発売されたためセールス争いが予想され、同年4月第1週より1位争いが展開されました。

わずか3,340枚差で、菊池に軍配があがり、7曲連続1位を達成した。2015年時点で、本作が最後のオリコン首位獲得となった楽曲です。

1988 ロックバンド「ラ・ムー」20歳頃

突然ロックバンドを始めた菊池桃子さんはロックバンド「ラ・ムー」を結成しました!

バンドはシングルをリリースを最後に事実上解散となってしまいました。

貴重な「ラ・ムー」の曲はコチラです!

菊池桃子まとめ

清純派の激かわアイドルで一世風靡した、菊池桃子(きくちももこ)さん。

若い頃は、歌とお芝居の世界で大活躍しています。

そんな菊池さんは勉強熱心なことでも知られ、40歳にして大学院に進学し専門分野を学んでます。

今は芸能活動と客員教授を掛け持ちしているそうですね。

今回は、若い頃の可愛さが話題の菊池桃子さんに注目しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次