MENU

仲井慎の出身中学や経歴まとめ!ドラフト予想とスカウト評価は抜群!?

夏の甲子園で絶対的な実力保持者の大阪桐蔭に勝利した下関国際。

勝利の立役者にはに仲井慎選手の力が大きかったですね!

「大阪桐蔭に勝って次で負けてしまうと、勝った意味もなくなる。チームとしては甲子園で勝つことを目標にやってきたので、明日も絶対に勝って決勝に行きたい」と臨んだ準決勝の近江戦に見事勝利し決勝へ駒を進めました!

最速147キロを誇る右腕はバッティングも素晴らしいです!

今回はドラフトでも注目されている仲井慎をとりあげたい思います。

                     スポンサーリンク
目次

仲井慎の出身中学や経歴まとめ!

仲井慎のプロフィール!

名前 仲井慎 なかいしん
生年月日 2004年4月22日
身長 177cm
体重 70kg
出身 兵庫県加西市
所属 下関国際高等学校
ポジション 遊撃手、投手

仲井慎の球種!

遊撃手も守れることもあって肩が強いですね!

仲井慎選手が投げることができる球種はこちらです!

  • ストレート
  • 縦横スライダー
  • カーブ
  • ツーシーム

仲井慎選手の最高球速は最速147km/hです。

試合では147km/hを出すことはなかなかありませんが安定して135km/hから140km/h前半で投げていますね!

速いストレートとスライダーをメインを有効的に使って良いピッチングをしていますね!

仲井慎の出身中学は?

仲井慎選手の出身中学校は、兵庫県の加西市立加西中学校です。

加西市立加西中学校 · 〒675-2104 ...

仲井慎選手は中学校では野球部には所属していません。

兵庫北播シニアに所属して野球に専念していました。

兵庫北播シニアでは、中学1年生のときと3年生のときに全国大会に出場しています。

                     スポンサーリンク                      スポンサーリンク

仲井慎の経歴!

経歴は野球エリートです!

中学1年生時にリトルシニア日本選手権大会2017年(2回戦)。

中学3年生時にリトルシニア日本選手権大会2019年(1回戦)。

山口県の下関国際高校に入学し野球部に入部!

高校2年生時にセンバツ高校野球(選抜高等学校野球大会)2021年(1回戦)。

高校3年生時に全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)2022年(決勝進出)

以上のように全国大会の成績も右肩上がりですね!

仲井慎のドラフト予想とスカウト評価は抜群!?

仲井慎の特徴3選!

特徴①
1番の魅力はストレート!
最速147km/hではあるが、ノビのあるストレートを投げる。
甲子園の中継では2500rpmを超えるとの情報が紹介された。
MLB平均を大きく超える回転数を誇る!

特徴②
変化球はスライダー、カーブ、フォークが持ち球!
主にスライダーを中心に投げ込んでおり、レベルの高い球種となっている。
空振りが奪えており武器になるボールになる。

特徴③
制球力はまずまず
バラつきがありアバウトではあるもののストライク近辺には投げ込めている。
ストライクで勝負できていることが四死球が少ない要因だろう。
四死球で崩れるタイプではなさそう

仲井慎のドラフト予想!

甲子園の試合では基本的に仲井慎選手は後半に投手として出場しています。

甲子園のルールで投手の球数制限が各チームに影響を与えていると思われます。

仲井慎選手は野手としては遊撃手を守っており投打に活躍しています!

打順は3番が多いみたいですね!

仲井慎選手は投手としても、野手としても将来性があると予想されます!

よって、NPBのドラフト会議で指名される可能性が高い有力な選手であろうと想定されます。

仲井慎のスカウト評価!

調べたところスカウトの評価は不明でした。

そして仲井慎選手はまだ高校卒業後の進路に関しては明らかにしていません。

夏の甲子園の決勝戦が終わってから進路についても公表されると思われます!

ちなみに将来の夢はプロ野球選手、好きな球団は阪神タイガースみたいです!

                     スポンサーリンク

仲井慎まとめ!

日本一を目指す下関国際高校にとって仲井慎選手の活躍は絶対です!

やはり仲井選手はピンチに強い! メンタルが尋常じゃない!

投打でチームを牽引して、頂点を勝ち取ってほしいですね!

とにかく泣いても笑っても高校生活最後になる夏の甲子園の決勝を悔いのないように楽しんでプレーして欲しいですね!

プロも注目している選手なので進路もとても楽しみにですね!

今回も最後まで記事を読んで頂きありがとうございました!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次