MENU

山田陽翔の出身中学や小学校は?父や兄も名門出身の野球一家だった!

連日に渡り甲子園から目が離せませんね!

今回は近江高校野球部の山田陽翔投手の情報をまとめてみました。

山田陽翔投手は中学時代から野球への才能が抜群でした。

テレビ番組で元プロ野球選手を相手に堂々たるピッチングを披露したこともあります。

進学した高校は名門の近江高校!

現在は、最速149キロのストレート!

8月19時点でベスト4なのでプロのスカウトからも注目されるいるに違い合いません。

山田陽翔投について見ていきましょう。

                     スポンサーリンク
目次

山田陽翔の中学・出身まとめ!

山田陽翔のプロフィール!

山田陽翔(やまだ はると)
生年月日:2004年6月9日(18歳)
出身地:滋賀県栗東市
身長 :174cm
体重 :74kg
ポジション: 投手・外野手
投打: 右投右打

山田陽翔の小学・中学時代!

野球を始めたきっかけは、幼い頃に父と兄が公園でキャッチボールをしているのを見て自らも始めたとのことです!

小学1年生から治田西スポーツ少年団で野球を始めます。

栗東西中学校では大津瀬田ボーイズに所属していました。

1年生時にはU12日本代表としてカルリプケン12歳以下世界少年野球大会に出場し優勝に貢献しています。

3年生時にはU15日本代表として世界少年野球大会に出場し優勝を経験しています。

ちなみに、小学生時代のポジションは投手ではなく捕手でした。

小学生時代に捕手を任されることは肩が良い子が多いですよね!

彼もきっとそうだったのしょう!

そして、膝の状態が思わしくないため投手にコンバートされます。

このことも結果的には良かったのかもしれませんね!

近江高校では1年生秋からエース!

U15日本代表として世界少年野球大会に出場し優勝している実力の持ち主は近江高校では1年生夏からベンチ入りを果たします。

夏の選手権予選初戦の光泉戦で3回無失点に抑える活躍を見せ、打つ方でも決勝打を放ち勝利に貢献しています!

秋季県大会からエースを任され準優勝に貢献するも、近畿大会初戦の神戸国際大付に敗戦し敗退となります。

やはり、1年生から結果を残すというのは相当難しいのでしょう!

2年生夏での甲子園に出場し活躍!

2年生の夏の選手権予選では背番号8で臨みます。

センターかと思いきや、投手兼ライトとして4番を任されます!

3回戦の八幡商ではホームランを含む2安打で勝利に貢献!

準決勝の綾羽戦では先発として3回5奪三振無失点、1ホームランを放つ活躍で決勝進出を決めます。

決勝の立命館守山戦では先発として6回8奪三振無失点に抑え、チームを甲子園に導きます。

続く甲子園では全試合で先発投手を任されます。

三回戦の盛岡大付戦では6回2失点10奪三振の好投で勝利に貢献。

準々決勝の神戸国際大付戦ではホームランを放つなど投打で活躍します。

準決勝では2021の優勝校となる智辯和歌山戦で中西聖輝と投げ合い、6 2/3回を4失点で敗戦となっています!

三期連続の甲子園出場!

夏の選手権予選では、準決勝の比叡山戦で自らの申し出でリリーフ登板。

7回7奪三振の好投でチームを決勝に導きます。

決勝の立命館守山戦では先発し、12奪三振完投勝利でチームを甲子園に導きます。

続く夏の甲子園では、近江が7ー6で高松商を下し、2年連続でベスト4進出を果たしています!

この試合エースで4番の山田陽翔は7回1/3を投げ、10奪三振。甲子園通算11勝目を挙げています。

山田はこれで通算108奪三振!

これで早稲田実業の斎藤佑樹(元・北海道日本ハム・ファイターズ)が2006年までに記録した通算104個を抜き、歴代単独5位に浮上しています。

なお、山田は準決勝以降の試合で三振を6つ奪うことができれば、歴代単独で3位に浮上します!

                     スポンサーリンク

山田陽翔の父や兄も名門出身の野球一家だった!?

父の斉さんは、東邦高校野球部OBで立命館大学に進学しています。

兄・優太さんは、強豪の大阪桐蔭で活躍しています。

その後は2020年の4月から日体大への進学されているみたいです!

まさにサラブレッドですね!

                     スポンサーリンク

山田陽翔まとめ

近江 山田陽翔の経歴をまとめました。

投打で高レベルな野球センス溢れる二刀流です!

2022ドラフトでは上位指名される可能性が高いでしょう。

大谷翔平のような投打二刀流をプロでも実現して欲しいですね!

まずは甲子園の準決勝で闘志むき出しで、向かっていく気持ちが強いのが山田陽翔の姿が楽しみで仕方ないです!

今後の動向や活躍に期待しましょう!

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次